TOPCLOSE UP遊び心がありすぎる ゴードン ミラーだからこそ。 | オートバックス 木更津金田店

遊び心がありすぎる ゴードン ミラーだからこそ。 | オートバックス 木更津金田店

 

 

ディーラーのGORDON MILLER担当スタッフにインタビュー

 

GORDON MILLER MOTORSの販売開始当初から取扱をしている認定ディーラー、オートバックス木更津金田店。この店舗では取扱開始からずっと、ひとりのスタッフがGORDON MILLER MOTORSを担当。多くのオーナー様を新しいカーライフへ送り出してきました。
今回はその担当スタッフ、オートバックス木更津金田店 高橋さんにインタビュー。GORDON MILLER MOTORSを担当してからのエピソードやオーナー様との関係性について伺いました。

 

 


 

 

 

 

高橋さんがGORDON MILLER MOTORSを担当されるようになってからもう2年以上が経ちました。もうすっかり慣れたのではないでしょうか。

 

そうですね、ある程度はできるようになってきたかなとは思います。

 

他のディーラーの担当者の方々と比べても歴が長く、より多くのオーナー様を送り出してきたトップレベルのスタッフさんだと思います。担当されているなかでいろいろとこだわりや気にかけている点はあると思いますが、例えばどのようなことがあるでしょうか。

 

車って、カタログを読み込んだり仕様を覚えさえすればある程度「販売」はできてしまう部分もあるんですよね。ただ、単に売るだけでは寂しいから、買っていただいた後にどうお付き合いしていくかというところを重視しています。
オートバックス、とか、ディーラー、とか、変に構えることなく気軽に相談しやすいような担当者でありたいなと。

 

元々自分が自動車ディーラーで働いていたこともあって、クルマの販売には、しっかりしているけど壁を感じるような、ある意味堅苦しい接客スタイルがベースにありました。けれど、遊び心がありすぎるゴードン ミラーだからこそ、自分も一歩お客様に寄り添うスタイルになってもいいのかなって思ったんですよね。なので、価格や仕様の説明よりも購入後の使い方やライフスタイルをお伝えすることを重視しています。そうでないと伝わらない、楽しんでもらえない、と考えている部分もあります。

 

 

 

 

ライフスタイルに紐づく性格が強い車だからこそ、型にはまらない販売の仕方になってくるのかもしれませんね。

 

最初は不安もありましたし、こんなに楽しく接客できるとは思ってなかったですよ。

 

たくさんのオーナー様を送り出してきたなかで印象的なお客様や、こんなお客様が多いなといった傾向などもいろいろと覚えがあると思います。

 

お洒落な人が多いという印象はありますね。
自分はこういうことがしたい、こういうスタイルが好き、というようなビジョンが皆さん定まっているので、それをお伺いするだけでも面白いんですよ。それに対して、僕は実現するための手段をご提供するような感覚でいるので、あまり車を売っている感じもないんですよね。

 

 

 

 

あくまでも車を売っているというよりもお客様のしたいことを実現するお手伝いをしているイメージですね。

 

はい。なので、最終的に金額の話をしなきゃいけないのが正直しんどく感じる時もあります(笑)。もちろん必要な段階ではあるんですが、いきなり現実に引き戻されてしまうというか、物を売っている気持ちになるので。いや、売っているのは確かなんですけど。

 

基本的には高橋さんから説明をたくさんするというよりもお客様のお話を聞くことに比重を置いている印象ですね。

 

自分からあまり説明し尽くさなくても、最近は事前に調べてきてくださる方も多いですね。カタログやWeb・動画の内容を実車で確かめにお越し頂いているようです。そのため、店頭では、実際に触ってみていただいたり、気になる部分にお答えしたりということが多いかもしれません。
一方的に喋って伝わるようなものではないと思いますし、実車を見ながらまず、質感を確かめてもらい、いろいろお話をお伺いすることで、不安や不明点を解消して具体的なイメージを持って帰っていただければいいのかなという。そのくらいですね。

 

 

 

 

高橋さんもUSトヨタのタンドラに乗られていますが、そういった趣味性の高い車に乗っているからこそお客様と通じ合える部分もあるのではないでしょうか。

 

それはあると思いますね。元々自分があの車を選んだきっかけも、単純に格好いいなという強烈な第一印象からなんです。昔読んだ雑誌に載っていた写真で、アメリカのスペースシャトルをタンドラが引っ張っていたんですよ。なんだか無性に格好よくて、いいじゃん、いつか乗りたいな、って思っていて。
そんなきっかけで車を買う経験を自分もしているから、同じように最初の印象の強さがきっかけになりやすいゴードン ミラーの車を検討されるお客様とはわかり合えるところはある気がします。最初の「この車に乗りたい」っていう衝動ってすごく大事なきっかけじゃないですか。乗りたい車にどう乗っていくか、という角度で共感しながらお話ができている感覚はありますし、安心感や仲間意識は少し持っていただけているような。
一方で、印象や憧れよりも現実的な部分で、必要となるメンテナンス。交換部品などに対するケアもしっかりさせていただくことが大事でもあるんですが、その点ではGORDON MILLER MOTORSは新車をベースにしているため、安心していただいています。

 

 

 

高橋さんと愛車の<タンドラ>。
従業員用の駐車スペースにこの車があるのを確認して会いに来るお客様も多いそう。

 

 

ケアの話が出ましたが、高橋さんは販売の担当であると同時に整備も自らされるというのが珍しい、特徴的なところだと思います。購入後も同じスタッフが主治医のように見続けてくれるというのは大きいですよね。

 

整備士でもあるからこそ、オーナー様からすぐ相談をしてもらえて、ある程度自分でお答えができるというのは確かに大きいかもしれませんね。納車済みのオーナー様の車にラダーやキャリアを後付けしたりタイヤの交換まで全部自分でお受けしてますからね(笑)。もちろん、柔軟な対応ができるのはお店の他のスタッフの理解と協力があるからこそですが。
オーナー様から、高橋に相談しよう、と頼りにしていただけるのは嬉しいものですし、やっぱりGORDON MILLER MOTORSの格好いいところだけじゃなくて、車に乗る上で絶対に避けては通れない維持の部分に必要な整備まで見ていけるというのは自信でもあります。

 

ご購入されたお客様のその後のことまで気にかけていると。

 

そうですね。やっぱり趣味の車ですから、例えば冬になれば、あのお客様は真っ先に雪山に行くだろうなとか想像するんですよ。そうすると冬タイヤも時期が来る前に押さえておかなきゃな、と思えるし、真っ先に対応できるように準備していますね。この冬はたくさんスタッドレスタイヤつけましたよ。

 

 

 

 

むしろ納車後からが本番であるような、そんな関係性かもしれませんね。

 

そう思います。店の駐車場に僕の車があるのを確認してふらっと会いにきてくれるオーナーさんも多いです。だいたい何か用事やお困りごとがあるわけではなくて、最近出かけた場所の話を聞かせてくださったり時々旅のお土産を持ってきてくださったり、そんな感じなんですけど。
初期の方に納車させていただいた、まったく接点のなかった2組のオーナー様がいらっしゃるんですけど、自分の知らないところで仲良くなられて一緒に遊んだり旅をしたりされていたんですよ。急に2台の<V-01>が駐車場に入ってきて、「全然関係のない2台のはずなのにな」と思っていたら、一緒に出かけられていたことを報告にきていただいたみたいで。ちょっと嫉妬しちゃいましたよね。

 

確かに、週末などはこのお店の駐車場にはお客様のGORDON MILLER MOTORSがとまっていることも多いですよね。

 

整備や部品の取り付けのための場合もあるんですが、そうでないことも多いです。先ほどお話ししたように用がなくてもふらっと寄ってくれるオーナー様が多いので、納車待ちの車両が数台並んでいる横にオーナー様の車も何台かいる、みたいな状況もよく見ます。実車を見ていただいているお客様と僕がお話をしているとオーナー様が横から話に入ってきていただき、むしろお客様同士で盛り上がってしまい、自分は見ているだけになるなんてことも一度や二度じゃありません。
検討中のお客様がたまたま居合わせたオーナー様の車内をいろいろ見せてもらって参考にしていたり、広めるという点も含めて、オーナーの皆様に助けられている部分は多いと実感しますね。

 

 

 

 

高橋さん個人としては、ゴードン ミラーに対してどのようなイメージや感想をお持ちでしょうか。

 

いろいろな商品を実際自分でも使っていますし、お客様もいいなと言って取り入れてくださっているのでやっぱりいいなと思っています。これまでオートバックスにこういう類のものはなかったですし、ゴードン ミラーを求めて今までオートバックスと縁のなかったような方もご来店くださいますね。
うちのお店で取り扱うことが決まったタイミングでゴードン ミラーの方々からしっかり説明や思いを聞いていたので、ディーラーであるという、誇りというと大袈裟かもしれないですが、自負や自覚みたいなものも感じながら楽しくやっています。

 

それと、これはゴードン ミラーだけのことではないかもしれないんですけど、取扱ディーラーも増えてきているじゃないですか。だから、思いを持って取り組んでいるディーラー同士、横のつながりを深めていけたらなとは思うんですよね。
この車のオーナー様の多くが国内を旅するわけじゃないですか。たとえば旅先で何かあった時に、すべて自分が対応できるわけではない。でも普段から情報交換していてつながりができているディーラーさんが各地にあれば、最寄りのお店を紹介したりしやすいですよね。旅するお客様にとっても安心なはずですし、ディーラー全体でお客様をサポートできる体制をつくれたらいいなと思ってます。

 

やっぱりオーナー様目線の話になってくるんですね(笑)。確かに、知らない土地で車に何かあったときの不安は大きいですよね。

 

そうなんです。初めて行くディーラーだとしても、いつも見知っている担当から一本連絡が入っていて、「高橋さんから聞いてますよ」と言って迎えてもらえるなら安心感が全然違うはずで。橋渡しってほどじゃないですが自分が一報入れるくらいのことはしたいですよね。

 

 

 

 

こういった形でお客様とつながり続けるようなスタイルは従来のオートバックスでの業務からするとかなり特殊だったのではないでしょうか。

 

オートバックスは元々必需品を扱うお店な面が強いですよね。冬タイヤとか、オイル、バッテリー、カーナビ、ETC、最近だとドライブレコーダーとか、なきゃいけないものや替えないといけないものを買うお店に近いというか。それはインフラ的な機能としても必要なことだけど、一方でゴードン ミラーは明らかに必需品じゃないものばかりで、提供する価値自体がそもそも別枠なんですよ。
だからそれを取り扱う上では、これまでとまったく違うお客様とのつながりとか仕事のやり方が大事だということは意識しています。同僚たちからはゆるすぎると思われているかもしれないですけど(笑)。

 

送り出したオーナー様のなかには「高橋さんが担当」ということを強調して発信されるする方々もいるとお聞きしています。オーナー様からの信頼が他のお客様にも広められているということですね。

 

指名していただけるのは恥ずかしいと思う反面、ありがたく感じています(笑)。本当に、いいオーナー様に恵まれているし、いろいろ発信もしてくださるので、オーナー様の発信で僕のことを知ってお店に初めて来てくださる方も多いんですよ。プレッシャーを感じることもありますが、普段通りご対応することを心がけています。、GORDON MILLERを通して、お客様の目指すライフスタイル実現のお手伝いをさせていただくことが楽しく、やりがいを感じていますね。

 

 


 

 

オートバックス 木更津金田店

 

千葉県木更津市金田東5-21-3
TEL :0438-41-7775
営業時間 : 10:00~20:00

 

店舗情報はこちらもご覧ください。