TOPJOURNALVANLIFE(バンライフ)|GORDON MILLERの考え方

VANLIFE(バンライフ)|GORDON MILLERの考え方

GORDON MILLER VANLIFE ハイエース 丸目 天然木 NV200 車中泊

コロナ禍というタームで、何かに没頭していたり傾倒している人たちが増えた気がする。日本ではキャンプやアウトドアアクティビティというムーブメントが起こり、多くの人々は休日に都内へ飲みに出かけるのではなく、自然あふ れるフィールドへ繰り出すようになった。さらには、生活様式そのものを変化させ、家を持たずに車中泊しながら旅をする、いわゆるバンライフと呼ばれるライフスタイルを選択する人たちも出てきた。

ひとつの場所にとどまらず、その時、その場所や環境を自由に楽しむ、まさにアウトドアの真髄とも言える注目のライフスタイルをGORDON MILLER独自の目線で紐解いていく。

 


 

VANLIFE (バンライフ)とは?GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

今、車を中心とした VAN LIFE(バンライフ) というスタイルが世界からこの日本でも注目を集めている。そもそも「VANLIFE(バンライフ)」とは文字通り VAN(車)で LIFE(生活) するライフスタイルのことで、元ラルフローレンのデザイナーであるフォスター・ハンティントンが生み出した造語。車で生活するということはどういうこ とか? 当然、荷物やアイテムも必然的にミニマルで厳選されたものへとなっていき、住居で生活するよりも不便になる状況が増えることは確かだ。

しかし、 フォスターのセンスでセレクトされた車と道具たちで人生を楽しむ彼の様子は、人々の目には豊かに映った。一人の男の確立されたスタイルや生き様として 表現されたのが VANLIFE (バンライフ)というわけだ。そして現在ではアウトドアライフを楽しむ一つのライフスタイルとして認知された。

 

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

 

自分のスタイルを外に持ち出す

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ 天然木

フォスターのように、自分のスタイルを持っている人はなにかと絵になる。自分の好きな格好、好きな道具、好きな車を貫く生き方は、心の底から人生を謳 歌しているイメージを勝手に抱いてしまう。スタイルといってもさまざまだが、例えばハイテク素材や機能を重視する人は、燃費や乗り心地が良い車に乗る。 ヴィンテージやオーセンティックな服装やギアを好む人は、クラシックな丸目のバンを選ぶ。もちろん正解はないし、例に当てはまらない人もいる。が、自 分の好きなものに統一感が出て初めてスタイルを持ったと言えるのではないだろうか。

ガレージから拡張するライフスタイルを提案する GORDON MILLER は、自分のスタイルを車を保管するガレージ空間そのものを生活の一部として捉えている。そこは自分の趣味である車を眺める場所であったり、DIY やアウ トドアギアのメンテナンス、友人に愛用ギアを自慢するスペースにもなりうる。自分のこだわりが詰め込んだ、いわば宝箱のような場所を、アウトドアなフィー ルドに持ち出せたら・・・。

それを可能にするのが「GORDON MILLER MOTORS」だ。車中泊くらいなら可能なトヨタ ハイエースや ニッサン NV200 も、より冒険やロー ドトリップ向きな形にカスタムされ、車内も快適に過ごせる VANLIFE (バンライフ)カーへと昇華させた。自分のスタイルへとアジャストしたライフスタイル、つまりは VANLIFE(バンライフ) を体験することができる。

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ 天然木

 

GMLVAN V-01(トヨタ ハイエースベース)

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

自分らしい VANLIFE (バンライフ)に寄り添ってくれる車とは。それは実際の生活拠点ともなる車内の充実はもちろんのこと、自分だけが知る道を駆け抜ける外装まで こだわっていきたいところだ。今回新たなサービスとして走り出した「GORDON MILLER MOTERS」。そこで提案する2種類の車たちに少しだけフォーカ スを当てていこう。

リアルワーカーたちも愛用し、日本が誇るトヨタの「ハイエース」をカスタムしアップデートさせた「GMLVAN v-01」は、クラシッ クな丸目フェイスから、従来のハイエースの概念を大きく変える独自のルックスを実現。純白のボディに浮かび上がるブラックの塗装は、どこまでも自分を 連れて行ってくれそうなタフなマシーンを印象づける。戦いを終えた戦士の休息地でもある車内は、天然木を用いてウッド調に統一された癒しとクラシカルな空間を演出。 まさに人生という旅を共にするにふさわしい一台だ。

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

 

GMLVAN C-01(ニッサン NV200バネットベース)

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ NV200 天然木 車中泊

トヨタ ハイエースよりも一回りコンパクトでより身近に VANLIFE(バンライフ) を体感できる「GMLVAN C-01」。ニッサン NV200 バネットをベースとし、トヨタ ハイエースよりも乗用車を走らせるに近い感覚を与えてくれる。特別なことなんかない、そんなメッセージも感じ取れる乗り心地だ。

一方、車中泊の際のベッドモードは奥行き 184 cmの就寝 スペースを確保するなど、車の中とは思えない非日常的な車内空間を備えている。ニッサンの純正カラーと同様の工場で塗装されたオリーブドラブ、コヨーテの バリエーションは、どちらか決めかねるほど精度の高い美しさを放っており、自分をよりアウトドアな思考へと誘ってくれる。

 

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ NV200 天然木 車中泊

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ NV200 天然木 車中泊

 

GORDONMILLER 流 VANLIFE

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

GORDON MILLER は、自分の好きなスタイルを日々の生活から楽しみつつ、車と共に外に持ち出す人たちのライフスタイルを支えていきたい。そんなアイ テムを展開している。

そこには無駄なものを省き、自分の好きなものだけを携えて、相棒である車と共に自由な暮らしがある。コンビニや道の駅など、 VANLIFE(バンライフ) を送るうえでのインフラ環境が整っている日本だが、一方で広大な土地を駆け抜けて、どこでも自分が見て感じられる自然があるわけではない。 整いすぎている故の窮屈さがある。そのパラドックスを楽しむことも、日本特有の VANLIFE(バンライフ) を謳歌する秘訣なのかもしれない。

 

GORDON MILLER VANLIFE バンライフ ハイエース 丸目 天然木

 

文 : 山田 昭一

 

GORDON MILLER MOTORS